スズメバチの巣

IMG_2714

うちの玄関のすぐ横の軒下に蜂の巣ができているのを回覧板を回しに来た近所の人が発見してくれました。

まるでツボを逆さまにしたような形。

旦那がインターネットで検索したところなんとスズメバチの巣ということがわかりました。

慌てて市の「すぐ対応室」へ連絡したところ、翌朝に3人組のおじさんが現れて3分くらいで巣を撤去して去って行きました。

さすが「すぐ対応室」。

神的速さでした。

茨城県は、関東平野の恩恵を受けて日本有数の豊かな平地でできています。

だから家も庭もでかいです。土地も安いです。そこらじゅうに使ってない森やら林が、あります。

多分今の時期蜂の巣問題が、そこらじゅうの茨城県民の庭で起きていると思われます。

この「すぐ対応室」のおじさんたちは、一体一日いくつの蜂の巣を処理してい回っているんでしょうか、、、聞いてみたい気もしますが、そんな気になった頃にはもうおじさんたちは去っていました。

今もまた他の家で巣を回収しているのでしょう。

ところで我が家に作られていたスズメバチの巣は、まだ初期段階だったようで住んでる蜂も2〜3匹で卵も数個だったようです。

これを放っておくとねずみ算的にどんどん増えて、ものすごい数の蜂になるそうです。

早めに連絡してよかった。

今回の巣は全長20センチくらいだったのですが、スズメバチは、これくらいの巣を10日くらいでささっと作ってしまうそうです。

どんだけ仕事できるんじゃ、スズメバチ。ある意味、尊敬〜。

私なんか最初巣を見たときは「ん?うちらが引っ越してくる前からあったんじゃ?こんなの作ってる姿見たことないし」と思ったくらいです。

私もスズメバチや「すぐ対応室」のおじさんのように素早く仕事ができる人間になりたいものです。

ーーーーーーー

つくば市「すぐ対応室」

http://www.city.tsukuba.ibaraki.jp/14210/14230/001019.html


カテゴリー: つくばでの生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です