中は、美しい無垢板の天井。パイプオルガン二台、ハンドベル、チェンバロなどの普通に生活してるとなかなか出会えない楽器たちがならんでいました。そして礼拝抜きで、それらの楽器を淡々と演奏する謎の人々。しかも曲は私が慣れ親しんだ古めの賛美歌ばかり。唄も美しくハモっていて、夢のようでした。

instagramから投稿
中は、美しい無垢板の天井。パイプオルガン二台、ハンドベル、チェンバロなどの普通に生活してるとなかなか出会えない楽器たちがならんでいました。そして礼拝抜きで、それらの楽器を淡々と演奏する謎の人々。しかも曲は私が慣れ親しんだ古めの賛美歌ばかり。唄も美しくハモっていて、夢のようでした。


カテゴリー: つくばでの生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です