1912年に出版された本、、、そうは思えない。全然古さを感じない絵に作者が洗練されたセンスの人だったんだろうなと想像します。ペレが労働と引き換えに少しずつ洋服を完成させていく様を描いています。全然説教臭くないのは、きっと100年前は普通にこういう子供がいて、作者はそんな普通の子供の日常の話を穏やかに捉えて描いただけだからでしょう。100年前の子供は、強く賢く立派です。

instagramから投稿
1912年に出版された本、、、そうは思えない。全然古さを感じない絵に作者が洗練されたセンスの人だったんだろうなと想像します。ペレが労働と引き換えに少しずつ洋服を完成させていく様を描いています。全然説教臭くないのは、きっと100年前は普通にこういう子供がいて、作者はそんな普通の子供の日常の話を穏やかに捉えて描いただけだからでしょう。100年前の子供は、強く賢く立派です。


カテゴリー: つくばでの生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です