久しぶりの下北沢ボデギータ

1620636_1022991734428232_8945436243741214297_n

12月24日、下北沢のキューバ料理屋・ボデギータさんに産後初めて行ってきました。
ペドロバジェさんが、率いるRUMBA CON CUBANOSというバンドのライヴです。
CON CUBANOS(キューバ人と一緒にという意味)と言っても、演奏の要であるパーカッションのリーダーは、都筑章浩さんというパーカッショニストです。
ラテン界では誰でも知っているような有名な方です。
ラテンに興味ない一般の人たちは知らないと思うので簡単に説明すると、「ものすごく技術が高く、音色の綺麗な音楽的な太鼓を叩き、上品なテイストの世界を持ったパーカッショニスト」と私は思っています。
都筑さんの音楽性が、とても好きです。
久しぶりに聞く都筑さんの太鼓は、とても美しい音色でした。
出産前に見た時は、ひたすら「すごい人、偉い人」と思って恐縮するだけで精一杯でしたが、産後の今聞くと「まるで青年のようなキレイな音・穏やかで優しい心理風景・音楽世界」と思いました。
結婚や出産を経て、気持ちが落ち着いて、音楽を前より楽しめる自分になったかもな〜と思います。

ゲスト歌手のカルロスセスペデスさんは、相変わらずの美声でした。
SONやトローバを歌うキューバでもプロの歌手のセスペデスさんですので、美声の安定感が半端なく。すごいわ〜と思いました。

カルロスさんが歌っているのを見ると、同じキューバでも本当にいろんな人や音楽があるんだな〜と思います。
キューバ人だからって、みんな陽気でノリノリなだけじゃないのです。
カルロスさんの歌声のようなエレガントでセンチメンタルな味わいもキューバ音楽の魅力なのですね。
まだ聞いたことのない方にも是非聴いていただきたいです。

パーカッショニスト:都筑章浩
http://akihiro-tsuzuki.com
http://blogs.yahoo.co.jp/abakua80

歌手:カルロスセスペデス
http://carloscespedescuba.blog9.fc2.com


カテゴリー: 出演ライヴ・イベントスケジュール, 音楽生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です