ラウラウ先生

13271877_999571986765380_411856101_o今月末6月30日(木曜日)19時〜のアイサタクヤテ先生のアフリカンダンスのクラスだんだん予約が、入ってまいりました。

ノバホールの練習室はそんなに広くないので定員15名にしておりますが、もう10名ほどの予約をいただいています。

予約がまだの方はお早めにおしらせください。

morisaki2002jp@yahoo.co.jp までメールをください。

昨夜、伴奏者で今回のオーガナイザーであるラウラウ先生からお電話がありました。

いよいよ明日アイサタ先生が来日されるそうです。

ラウラウ先生も交通手段をいろいろ決めたり、各地のワークショップオーガナイザーたちと連絡を取り合ったりして、忙しく調整されているようです。

先生方には、無事に1ヶ月間の滞在中、事故も怪我も病気もなく楽しく過ごしていただけたらと思います。

なにせ毎日、あちらの県からこちらの県まで長距離を移動して昼夜とワークをやって・・・とてもタフな1ヶ月となるようですから。

ラウラウ先生は、ギニア人ですが日本人女性とご結婚されており、かわいい二人の男の子のパパです。

日本語も上手に話して、優しい物腰の方です。

でも演奏は、すごくイケイケです。

先生の演奏で踊ことができるのはとてもアゲアゲで楽しいので、今回もそんな興奮をつくばや筑西の皆さんと分かち合えるのがとても嬉しいです。

みんな先生の太鼓に宇宙まで飛ばされてください!いろんなもやもやブラックホールに投げ捨ててゼロになって帰って来てください!・・・とそんな感じです(笑)

——————————————-

以下、ラウラウ先生のプロフィールです。

ラウラウ・バングーラ先生
西アフリカ、ギニア国立舞踊団バレエ・ジョリバのジェンベ奏者の父を持ち、幼少のころよりジェンベに親しむ。
10歳で本格的にジェンベを始め、複数のグループでソリストを務めた後、ギニアで最も有名なパーカッショングループ「ボカ・ジュニオール」に入団、同グループのNo.1ソリストとして活躍し、ギニアの若手 No.1プレイヤーとして称賛される。
2010年に日本に初来日。日本各地でワークショップやライブを行い高い評価を受ける。
2011年より東京に拠点を移し、日本各地でドラムワークショップやライブを展開している。
また2013年より毎年韓国に招かれ、ワークショップやコンサートを行っている。
見る者を圧倒させ楽しませるジェンベプレイは各地で話題となっている!
自身が現地ギニアにて撮影したジェンベとダンスのライブDVD、「wontanara」と「Bere na Matam vol.1&vol.2」、「Sanke bere」が好評発売中。


カテゴリー: 好きなもの パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です