7/3 (日) 『森と遊ぼう♪』遊唄アフリカアンサンブル出演・太鼓体験

13315651_988243107957630_1830773438475699173_n-2

 

7/3 (日) 『森と遊ぼう♪』10:00〜13:00 @ワッカクル里山の森(阿見町若葉・三菱化学裏)

遊唄アフリカアンサンブル出演・太鼓体験

お子さんのいる方には超オススメな野外イベントです!
入場料を払えば森の中で遊び放題、カレーも食べられます。
素敵なパフォーマー達との体験ワークショップ、ドラム缶ピザ作り体験、
0円フリーマーケットなど盛りだくさん!是非ご家族みんなでご参加下さい♪

詳しくはこちら http://yuta-perc.com/201606101


カテゴリー: レッスンスケジュール, 出演ライヴ・イベントスケジュール | コメントする

6/30 (Thu) アイサタクヤテ特別クラス@筑西市協和公民館・つくば市ノバホール練習室

13281790_999571840098728_2081472121_nギニア人グリオ(世襲制の音楽家)「アイサタ・クヤテ」先生をフランスからお迎えして、アフリカンダンス(ジャンベダンス)の特別クラスを開講します。もちろん太鼓の生演奏です。
太鼓は、つくば在住のパーカッショニスト遊唄先生の他、ギニアのこれまたグリオ(世襲制の音楽家)のラウラウバングーラ先生が来てくださいます。
つくばに居ながらにしてアフリカ人の先生のダンスをアフリカ人の先生の生演奏で受けられる数少ないチャンスです。
是非是非お誘い合わせの上、ふるってご参加下さい!!!

昼間は、筑西市協和公民館にて開催。

夜間は、つくば市ノバホール練習室にて開催します。

13:00 ~ 15:00  筑西市協和公民館 (¥3000.-)

19:00 ~ 21:00 つくば市ノバホール練習室 (¥3000.-)

*受講者が、最低10人以上集まらなければ中止になる場合もあります。

予約・問い合わせ:かわのきくこ morisaki2002jp@yahoo.co.jp

生演奏:
ラウラウ・バングーラ
遊唄


講師紹介

AISSATA KOUYATE(アイサタ・クヤテ)先生
ギニアのグリオ(吟遊詩人)の家系に生まれ、幼少時より伝統芸能に精通する。
若くして歌手・ダンサーとしての才能が開花し、その歌唱力とダンスはヨーロッパで高い評価を得ている。
世界的ミュージシャン“モリ・カンテ”氏と共に世界ツアーをするなど、多くのアーティストと共演し、“ジェンベの神様”ママディ・ケイタ氏のバンドメンバーとして来日経験もある。
その豊かな歌唱力と柔く力強いダンス、温かい人柄は、多くの人を魅了している。
現在、フランス在住。
Aissata HP→ http://www.aissatakouyate.com/

伴奏者紹介

ラウラウ・バングーラ先生
西アフリカ、ギニア国立舞踊団バレエ・ジョリバのジェンベ奏者の父を持ち、幼少のころよりジェンベに親しむ。
10歳で本格的にジェンベを始め、複数のグループでソリストを務めた後、ギニアで最も有名なパーカッショングループ「ボカ・ジュニオール」に入団、同グループのNo.1ソリストとして活躍し、ギニアの若手 No.1プレイヤーとして称賛される。
2010年に日本に初来日。日本各地でワークショップやライブを行い高い評価を受ける。
2011年より東京に拠点を移し、日本各地でドラムワークショップやライブを展開している。
また2013年より毎年韓国に招かれ、ワークショップやコンサートを行っている。
見る者を圧倒させ楽しませるジェンベプレイは各地で話題となっている!
自身が現地ギニアにて撮影したジェンベとダンスのライブDVD、「wontanara」と「Bere na Matam vol.1&vol.2」、「Sanke bere」が好評発売中。

遊唄(ゆうた)先生

パーカッション奏者。土浦市出身、つくば市在住。
中学生から駅前でのギター弾き語りを始め、
大学時代ジャンベに出会いパーカッションに目覚める。
アフリカ・ラテンの太鼓をメインに、様々なジャンルのアーティストと共演。
2010~2011年 キューバへ音楽留学。
2013年 新潟ジャズコンテストコンボ部門にて銀賞受賞。

現在、つくば市を中心にライブイベント出演、ワークショップを定期開催中。
●はじめてのアフリカ太鼓教室
初心者・子ども連れ大歓迎のジャンベワークショップ。
毎月第2・第4日曜午前10時から、竹園交流センターにて開催中。

 


カテゴリー: レッスンスケジュール, 出演ライヴ・イベントスケジュール | コメントする

6/17(金)19:30〜@エレガンス(つくば市二宮)  『ザ・ハンチング with 遊唄 ディナーライブ vol.2』

IMG_2399

アフリカン太鼓教室の遊唄(ゆうた)先生が、出演のライヴです。

つくばではなかなか珍しいスチールパンの生演奏も聞けますよ♪

ザ・ハンチングは、ゆる可愛いバンドです。

オススメです。

———————————————-

* 6/17(金)19:30〜@エレガンス(つくば市二宮)
『ザ・ハンチング with 遊唄 ディナーライブ vol.2』

前回大好評だったライブのvol.2です!
ライブ後のアンケートにも
「心が軽く、暖かくなった」
「とても心地よかった」
「海と温泉とカーニバルに行って帰ってきた気分です」
「楽器を触らせてもらったのも嬉しかった」
など、嬉しいコメントを多数頂いております。

エレガンスの暖かい雰囲気・美味しい料理とともに、癒やし効果抜群の演奏でリゾートトリップしませんか?
スチールパンの音色、ハンチングの素敵なオリジナル曲、遊唄の多彩なパーカッションをぜひ生演奏でご体感ください!

【出演】
*ザ・ハンチング*
ガットギターとスティールパンの2人組チーム。
GONTITI、はっぴいえんどなどが好きでコピーを始める。
現在はオリジナル曲を中心に演奏、CDも発売中。
カリプソやエキゾチックミュージック、ジャズなどを自分たちなりに解釈・演奏する

*遊唄(ゆうた)*
土浦出身、つくば在住のパーカッショニスト。
アフリカ・ラテンの打楽器を得意とする。

home


2010〜2011年キューバへ音楽留学
2013年新潟ジャズコンテスト・コンボ部門で銀賞受賞
現在はライブ活動の他、ジャンベの教室やドラムサークルなど
タイコの楽しさを伝える活動を精力的に行っている。

チャージは無料の投げ銭制、いわゆるチップ制ですので、楽しんで頂けましたらそのお気持ちを封筒に入れて頂くようになります。
どうぞお気軽にお越し下さい!

ご予約はこちらへコメント、僕へ直接メッセージ、お店へ電話、どの方法でもOKです。
皆様のご来場、心よりお待ちしております!


カテゴリー: 出演ライヴ・イベントスケジュール | コメントする

6/5 (日) DANZA CUBANA en TSUKUBA “YAYI + LIZANDRA Lesson”

13327491_1027745993940058_8821761969312872376_n

今回は、「女性ダンサーによる女性のための徹底ムーブメント特訓」がテーマということでたくさんの女性の皆さんにお越しいただきました。

皆さんどうも有難うございます。

「普段使わない腰の動きを体験できた」

「先生が、かわいい」

「先生のお尻の動きが、すごくかわいい」

「いつも気持ちのいいクラスの雰囲気で素敵な先生のレッスンが受けられて幸せです」

「結婚を機にしばらく踊っていなかったけど、今日は久しぶりに踊れて嬉しかった」

などなど

皆さんそれぞれに、たくさん楽しんでいただけました。

今回も都内からの参加者が、いらっしゃっていました。

「都内に行かなくても素敵なレッスンが受けられる・楽しめるつくば」をイメージしてイベントを企画しているDANZA CUBANA en TSUKUBAですが、都内からの参加者の方たちが来てくださって本当に企画冥利につきます。

これからも「楽しいつくばライフ・知的なつくばライフ」をコツコツ応援していきます。

今回は見学の方が、5人くらいいらっしゃいました。

次回は、その方も一緒にみんなで楽しんで踊れたらなと思います。

まずは自分が楽しむ!そしてみんなで楽しむ!そんな自分自身を「いいぞ〜いいぞ〜」と自分で応援する!

その先に上手になったり、何かをつかんだり覚えたりがあるとずっと楽しく続けていけるのではないでしょうか。

そんな自分にも周りの人にも優しい感じで一緒に踊りましょ♪

楽しさを共有していきましょう♪

次回の企画イベントは6月30日(木曜日)よる19時〜ノバホール練習室にてギニア人の先生によるアフリカンダンスの生演奏レッスンです。

お見逃しなく!!!

6/30 (Thu) アイサタクヤテ特別クラス@筑西市協和公民館・つくば市ノバホール練習室


カテゴリー: ライブ・レッスン・ワークショップ後記 | コメントする

6/18(土) 生音で踊る♪アフリカンダンスワークショップ in つくば

本日の「生音で踊る♪アフリカンダンスワークショップ in つくば」は、つくば市下広岡にある広岡交流センターのホールで行いました!!

広くて窓もたくさんある木の床のお部屋ですごく踊りやすかったですね。

鏡もあるし♪

前回と今回の2回でクラスのペース配分もだんだんわかってきたので、来週はさらにパワーアップさせて皆さんにもっとお腹いっぱい踊っていただけるようにしていきたいです。

次回は、6月18日(土曜日)です。

お待ちしています!!

【日時】
6月18日(土) 14:00〜15:00

【場所】
つくば市広岡交流センターホール
茨城県つくば市下広岡410−167

 

 

 


カテゴリー: レッスンスケジュール, ライブ・レッスン・ワークショップ後記 | コメントする

キリクと魔女

kirikou-et-la-sorciere

「キリクと魔女」、大好きな映画です。

本当の知性とは、何か?真実とは、何か?人間の愚かさについてすごく直球な感じで教えてくれます。

映画音楽は、セネガルでとても人気があるYOUSSOU N’DOUR(ユッスンドール)です。

ンゴニ(ギターの元になったアフリカの楽器)などを使ったりしていて、超かっこいいです。

絵もとても綺麗。

色がすごく鮮やかなのに何だか昔の日本の着物のような懐かしいような風合いでずっと見ていて飽きません。

うちの息子も好きで、二人で一緒にDVDを観ています。


カテゴリー: 好きなもの | コメントする

アフロキューバンダンス用スカートできました♪

IMG_2486

ご注文の品、できた、できた〜。

単純だけどフリルが半端なく大量なので意外と縫うのがスーパー大変なスカートできた〜。

全ての工程でちゃんとアイロンがけしながら縫いましたのでなかなか綺麗に・丈夫にできたと思います。

この形、このボリューム、この質感(木綿)、いろんな素材・形のスカートを履いて踊ってきた私の経験の中で一番踊りやすい・踊ってて綺麗に見えると思うスカートです。

これを使ってガンガン踊っていただきたいです。

上に白いブラウスを着て黄色い布を頭に巻けば、本番もイケますね!うん、うん!

金ピカなでっかいピアスとかネックレスとか腕輪とかしていただいて愛の女神オチュンを踊れる、踊れる。

化繊のスカートは光沢があって一見派手で良さげですけどね。

キューバでも町のダンスグルーブのダンサーはキラキラピカピカ派手派手で化繊とピーズで目立ってますけどね。

「スカートが重いと取り扱いが大変だから軽い化繊がいいわ」という人もいますがね。

私はね、あえて言います。

いやいや、そんなことないぜ。

軽すぎると体に絡みついて広がんないっていう難しさもあるぜ。

私は、断然木綿派です。

木綿の重いフリルが、ゆっくりと・・・どどどぉぉ〜〜〜〜〜っと広がるのが、好き♪


カテゴリー: 裁縫生活 | コメントする

おすすめ絵本「リズム」

IMG_2438

毎週土曜日の午前中は、近所の「野うさぎ文庫」へ絵本を読みに行きます。

今日は、文庫の窓辺に「リズム」という絵本が置かれているのを発見しました。

オーナーの阿部さんが、多分アフリカ音楽を好きな我が家のためにピックアップしてくれたんだと思います。

コティバ(農作業を模したダンスのリズム)やティミニ(男の子の成人の儀式のリズム)マンジャーニ(赤ちゃんの誕生や結婚式、成人の祝いのリズム)など様々な代表的なアフリカのリズムの擬態語が書かれています。

こんなマニアックな本(だけど良い本)を出すなんてMIKI HOUSEやるな〜と思いました。


カテゴリー: 好きなもの, 音楽生活, つくばでの生活 | コメントする

Boulangerie encuitに行ってきました

IMG_2457

今日は、イベントもレッスンもなくお休みでした。

息子を連れて洞峰公園へ行き、その後 以前から気になっていたパン屋さんへ行ってみました。

ガソリンスタンド後にできたパン屋さんなのですが、ご覧のように壁には漆喰を塗って素敵なドアをつけたりしてとてもおしゃれにリノベートしてあります。

店内に入るとドアから放射線状にいろんなパンが並んでいてとても綺麗。

ひとつひとつ、結構小ぶりの可愛いパンがたくさんありました。

お値段は、ちょっと高め。

私はソーセージが挟んであるフランスパンとパンオショコラを食べました。

とても美味しかったです。

私たちがいる間にもお客さんが次から次へと出たり入ったりして、結構流行っていました。

つくばの人ってパンが大好きみたいです。

ここの他にも色んなおしゃれでこだわりのパン屋さんが、つくばにはたくさんあります。

まだまだ行ったことないお店、食べたことないパンがたくさんあるな〜。

少しずつ行ってみよ〜。


カテゴリー: つくばでの生活 | コメントする

VOM FASS TOKYO (ファムファストーキョー)

IMG_2428音楽仲間のご家族から面白いものをいただきました。

すごく変わった可愛い瓶にはいったお酒です。

ドイツの会社でVOM FASS と言う「お酢やお酒やオリーヴオイルなどを量り売りで売ってくれる店」のものだそうです。

すごくおしゃれな瓶がたくさんあって、好きな瓶を選んで好きな中身を選んで入れてプレゼントできるそうです。

使い捨て容器を減らす動きに力を入れているドイツならではのビジネスな感じですね。

でも容器をおしゃれにしたことで「贈答用」「おしゃれな人用」のマーケットに進出し、世界に進出してるんですね〜。

うーん、商売って何がウケるかわかんないもんですね。

元々この会社の経営者のヨハネスさんはお酢製造業の方だそうです。

それが、この量り売り業に転じた経緯も興味あるな〜。

私も小学校の同級生がお酢屋さんでしたが、大手に押されて店じまいされてました。

ヨハネスさんも個人のお酢屋さんが生き残るためにビジネスの転換をされたんなじゃないかと想像します。

お酢屋さんの跡取りとして生まれて舌も肥えてらっしゃったであろうお坊っちゃまのヨハネスさんが、自分の才能を活かして商品を選んで それが富裕層や高級店のシェフたちに受け入れられたということなのでしょうか・・・なんて想像します。

人も商品も商売も生き物です。音楽やバンド運営にも言えますが。

時代や状況に応じて柔軟に対応していくことが、生き残りのコツなのでしょうね。

ROLLING STONE ころげる石に苔は付かない的な。。。

いろんな人生、いろんな仕事、面白いです。

 

 

以下、経営者のヨハネスさんについての文章です。HPから抜粋:

その昔、ヨハネス・キーダレンは自宅の畑のリンゴを使って、とても味のよいビネガーを作っていました。
ドイツ—スイス—オーストリアの国境を接するコンスタンツ湖周辺の三角地帯はおいしいリンゴの産地として
有名で、キーダレンのビネガーの噂はあっという間にその地帯に広まり、すぐにヨーロッパの有名なシェフの
キッチンで使われるようになりました。
最高の品質を追い求めること。それがキーダレンの情熱です。
その確かな目と舌で選び抜いた商品をよりフレッシュに、そしてより多くのお客様に提供するには、購入する
前にすべて味見ができるだけでなく、必要な量だけを買うことができるはかり売りのシステムが最適だとキー
ダレンは考えました。そうして-Look・Smell・Taste-見て、香りを確かめて、味わって、必要な量だけを
はかり売りするお店が誕生しました。
数年間で商品のバラエティーは大きく広がり、自社の工場で製造する商品や、ドイツ国内、その周辺国の生産
者から直接買い付けた最高品質の商品だけを取り揃える専門店としてヨーロッパ各地に広まりました。

http://www.vomfass.co.jp


カテゴリー: 未分類 | コメントする