レモングラスのお茶

100709_lemongrass

レモングラスのお茶は、とても美味しいです。
フレッシュハーブのまま、レモンバームやミントなどとブレンドしてお湯に出して飲む方法がよく知られています。
でも別の飲み方を西アフリカに音楽留学していたお友達に教えてもらいました。
この西アフリカ方式が、とても簡単で美味しいのでご紹介します。

写真の稲みたいなのが、レモングラスです。
5センチくらいでヒョロヒョロの苗でも春に地植えすると夏には写真のように大きく育ちます。
すごく強い草です。
大きく育つと稲穂を刈るように根元から刈り、縛って逆さまにしてドライフラワーを作る感覚で干しておきます。
そして、十分に乾燥したら束ねてある中から一本をシュルシュルと引き抜いて、クルクルと折りたたんで束ね暑いお湯の入ったポットに入れるだけ。
5〜10分くらいしたら、すごく美味しいお茶の出来上がりです。
カフェインレスですし、味も美味しいです。
香りが、いいのでアロマの癒しも得られます。


カテゴリー: 裁縫生活 | コメントする

1/11(祝日)エリザベスアートスクール個展

12342737_1030382103649697_7005871997043205024_n

来年1月11日祝日につくば市立美術館で踊らせていただくことになりました。
つくば在住のアーティストのエリザベスさんの教えるエリザベスアートスクールさんの個展です。
『生演奏➕絵画のライヴペインティング➕ダンス』のコラボレーションです。
真っ白な美術館の壁にたくさんの作品、そして中で響き渡る楽器の臨場感ある音色、そして生身の人間のダンス、そしてエリザベスさんのパワーほとばしるライヴペインティング。
音楽も絵もダンスも・・・当日までどうなるか誰にもわかりません。 

先日リハーサルに呼んでいただいたのですが、代表のエリザベスさんの目力と念力の強さに「アーティスト、キター!!!」と衝撃を受けました。
出会ってすぐに質問攻めにされ、「あなたにはこうしてほしい!こうしたい!絶対これがいい!」みたいな確信が彼女の中にイナズマのように秒速で降り注いで、その途端に私に言う・・・みたいな。
その迷いのなさ、スピード、絶対に引き下がらない感じ。
ぶっ飛んでる人って、本当に気持ちいいです。
最高です。

彼女に触れて、「あー私 迷ってるわ みっともないわ」と思いました。
全面的に自分の生き方を価値観を肯定する。
肯定するには腹をくくる。
そして引かない。

本番、私もブッ飛べるように。
純度を高めます。


カテゴリー: 未分類 | コメントする

ベビーコンタクトダンス

dance_1

つくば市の支援センターなどで0〜2歳児の赤ちゃんとママを対象に「ベビーコンタクトダンス」のクラスをしています。
ベビーコンタクトダンスとは、ベビー=赤ちゃん、コンタクト=触れる、ダンス=音楽に合わせて体を動かす・踊ることです。
赤ちゃんに振り付けを教え込んで親の思い通りにお遊戯をさせることではありません。
お母さんが赤ちゃんの体重や肌のぬくもり、皮膚を感じながら母子ともに心身を解放し音に揺れる。そして最終的に自然な形で音楽を聴き楽しく踊ることを目指しています。

ベビーコンタクトダンスの流れ

1、リラックスタイム
呼吸を整える
赤ちゃんを膝に座らせながらお母さんの体をゆっくりストレッチします
赤ちゃんの体も一緒にマッサージします

2、関節緩め
仰向けの状態でそれぞれの関節を部分的に動かしていきます
仰向けになっていることで無駄な力が抜け、体が緩んで関節の動きも滑らかになります。一つ一つの関節を緩めていくと、すべて緩め終わって立ち上がった時に全身が軽やかになっているのを気づきます。これは関節や筋肉を緩めることにより、自分で自分の身体が自然に楽で美しい姿勢に変化したことによるものです。

3、真似っこゲーム
クラスの間、飽きてくると赤ちゃんはお母さんに絡みついてきます。そんな時は「ダメよ!」と制したり黙ることを強制するのではなく、赤ちゃんの動きの真似っこをして遊んでみましょう。赤ちゃんたちは、ママが自分と一緒に遊んでくれているのに嬉しくなり上機嫌。二人の愛も深まります。

4、赤ちゃんの動きは自然で美しい
生まれて間もない赤ちゃんは、筋肉がまだ未発達。
そんな赤ちゃんの動きは、とても体に負担がなく、とてもしなやかです。
赤ちゃんを真似することは、大人が成長するにつれて失ってしまった自然で健康的な身体の使い方を思い出すチャンスでもあります。

5、コンタクトインプロビゼーション
真似っこ遊びをして赤ちゃんが楽しくなってきたらママに飛びついたり、乗っかったりしていきます。その赤ちゃんの勢いや流れを受け入れてみましょう。赤ちゃんが飛びついてきたら赤ちゃんの飛びついて来た方向に一緒にゴロンと寝っ転がって動いてみたり。逆らわずに一緒に動いてみましょう。同じ風に吹かれ同波に乗るように、赤ちゃんの体重を感じながら一緒に揺れうごいてみましょう。そうやってしばらく遊んだ後は、親子とも心地よい疲れとゆったりとした気持ちになれるはず。そんな不思議な体験を赤ちゃんと共有しましょう。

6、世界のリズムで踊ろう
日本の和太鼓や浄瑠璃、アフリカのジャンベ音楽、ラテンのマンボやチャチャチャ、、、世界にはいろんな民族音楽があり、個性的で多様な楽器やリズムが存在します。
ベビーコンタクトダンスでは、そのような特徴あるリズムの音楽をピックアップして流します。
自分でテンポをとって音楽に合わせて体を動かせるように指導します。
赤ちゃんを遊ばせながら、抱っこしながら、思い切り体を動かして同じ音楽、同じリズムを共有しましょう。

7、ベビーコンタクトダンスにより得られること
日々の仕事や生活習慣、抱っこやおんぶなどの育児など人の骨格や筋肉は、日頃の動きにより歪められ固まってしまいます。そんな大人たちの固まってしまった筋肉と関節を緩めて正しい姿勢を手に入れる手伝いをします。
赤ちゃんとのコミュニケーションのきっかけを作ります。
音楽に合わせてたくさん動いて汗をかくことによりストレス発散 & ボディメイク。24時間赤ちゃん中心の生活の中で自分の体や気持ちに向き合う時間を持ってもらいます。心と体のリセット。
音楽を聞いて正しくテンポをとる音感訓練(リトミック)を指導します。


カテゴリー: 未分類 | コメントする

わたしについて

img_0003

わたしはこんな人です

長崎の370年続く祭・おくんちで奉納踊りをする通称「おどり町」に生まれる。
幼いころから歌って踊る祭好きの父、信仰深い祖父、裁縫や料理が好きな母、日本舞踊の名取の叔母、長崎で一番最初に車を買った明治生まれのやり手の祖父、異国情緒漂う中華街で酒屋を営む祖父、絵画好きの祖母、当時は珍しいバイリンガルの叔母、など長崎独特の環境と様々なキャラクターの肉親の影響を受ける。

その後、幼くして母を亡くす。
母の告別式で真言密教の僧侶が唱える美しい声色の読経や宗教楽器によるトランス的な演奏のハーモニーに魅了される。
中高時代は、ミッション系(プロテスタント)の女子校で毎日賛美歌を歌う。
古い賛美歌の素朴なメロディー、また奇をてらわない、神様に捧げる祈りの独特の表現に癒される。
また女学校で元タカラジェンヌの体育教師に出会い、ダンスの楽しさを知る。

小さいころから文章を書き、絵を描くことが大好きだった為、絵描き物書きになろうと思い上京する。
東京で友達と遊びに行った店でキューバ音楽を初めて聞く。
故郷、長崎の音楽を思わせるミックスカルチャーで宗教的な音楽観に強い感銘を受ける。
3ヶ月後にはキューバへダンス留学。
その後も留学を重ね、様々なダンサーに師事し、キューバ音楽・舞踊を学ぶ。

帰国後は、様々なジャンルのミュージシャンやダンサーとジャンルを超えて共演。
キューバ音楽やダンスに限らず、その時その時の偶然の出会いや面白いこと、かっこいいと思う人たちとコラボしている。
現在、つくばを拠点に関東を中心に活動中。

自分の芸術を手作りすること
それをだれかの生活に役立ててもらうこと
幸せな気持ちになるきっかけになること
を胸にコツコツ精進している。


カテゴリー: かわのきくこについて | コメントする

1/17 (日) DANZA CUBANA en TSUKUBA Vol.1 ナルシソ・メディナ先生 ワークショップ@ カピオ リハーサル室1

10426553_10203463646013875_5779204746599756163_n

講師:ナルシソ=メディナ Narciso Medina Favier

場所:つくばカピオ・リハーサル室1

スケジュール:
13:00 OPEN

1時間目 : サルサ, チャチャチャ, マンボ
13:15
14:15
2時間目 : アフロクバーノ・ルンバ ワワンコー
14:25
15:25
3時間目1 : コンテンポラリー
15:35
16:35

17:00 CLOSE

注意:
水分持ち込みOK
食べ物持ち込みNG
ゴミすべて持ち帰りお願いします

料金:
1クラス ¥2,500.-
2クラス ¥4,000.-
3クラス ¥5,000.-

講師経歴:
キューバ共和国グァンタナモ出身。1961年生まれ。
幼少の頃からダンスに興味を持ち、12歳でハバナにあるキューバ国立芸術学校に入学。在学中から振付を始め注目を浴びる。1981年同校を首席で卒業後、キューバ国立現代舞踊団に入団し12年間第一ソリスト、振付家として活躍し、一流のダンサー、振付家としての地位を築きあげる。25歳の時に手がけた作品「METAMORFOSISメタモルフォーシス」は翌1987年ローザンヌ国際新人振付家コンクールでモーリス・ベジャール賞を受賞。1990年から1993年までフィンランドのダンスカンパニー、ダンスアカデミーそして大学から招待を受け、キューバの伝統舞踊やコンテンポラリーダンスを教える。1993年ハバナにナルシソ・メディナ舞踊団およびダンスアカデミーを設立。多くのプロフェッショナルダンサーを輩出している。劇場(TEATRO FAVORITO)も所有しナルシソ・メディナ舞踊団の活動拠点として様々な芸術活動を行う。
ナルシソ・メディナの芸術活動は多岐にわたり、諸外国の多くの一流ダンサー、振付家たちとのコラボレーションも重ね、キューバ伝統舞踊、ポピュラーダンス、コンテンポラリーダンス、ミュージカル、オペラ等幅広いジャンルでの表現を極めている。1997年に初めて来日し第9回埼玉国際創作舞踊コンクール 大賞、特別賞、埼玉県知事賞を受賞する。2004年には世田谷区スタジオ・ボデギータにおいてコンテンポラリーダンス、民族舞踊、ポピュラーダンス等の講師として指導を始める。2007年にはイタリアから招待を受け、リシャール・コシアンテの現代オペラ「ノートルダムドパリ」の次作品「ロミオとジュリエット」の振付、芸術監督を務める。
キューバ文化省から文化功労章を受章。芸術文学文化の発展に貢献したとして、全国文化功労者組合より栄誉賞授与。さらにその他の国々においてこれまでに数多くの芸術賞を受賞している。
現在では日本に自身のダンススタジオを設立し、日本にダンスの魅力を広く伝えることにも力を注いでいる。
2009年からはキューバ人日本人共演の「キューバ・ジャパン フェスティバル」を毎年開催し、キューバと日本のダンスと音楽を通した文化交流の場を提供している。

UNESCO・International of Dance会員
日本・社団法人 現代舞踊協会会員
キューバ作家・芸術家協会会員

【ダンサー、振付家として招待された国々】
スペイン、ドイツ、フランス、イタリア、ポーランド、ブルガリア、ロシア、ポルトガル、フィンランド、アメリカ、日本、韓国、北朝鮮、ニカラグア、スリナム、メキシコ、ペルー、グラナダ、セントキッツ&ネイビス

【キューバ国内受賞歴】
1986年 「METAMORFOSISメタモルフォーシス」キューバ振付賞、キューバ舞踊コンクール最優秀賞
1987年 「CAVERNA MAGICA 不思議な洞窟」青年振付家コンクール特別賞
1994年 「GRANO DE ORO金の粒」キューバ舞踊コンクール振付優秀賞

【海外受賞歴】
1987年 スイス・ローザンヌ国際新人振付家コンクール モーリス・ベジャール賞
1989年 韓国・国際芸術フェスティバル 金賞
1997年 日本・第9回埼玉国際創作舞踊コンクール 大賞、特別賞、埼玉県知事賞

【海外出演イベント】
1984年 世界青年・学生国際フェスティバル
1989年 世界青年・学生国際フェスティバル
1989年 モスクワ青年創造フェスティバル
1990年 フィンランド世界融合フェスティバル(ハリーベラフォンテ主催)
1991年 フィンランド世界ダンス&ミュージックフェスティバル
1994年 ペルー・リマ国際ダンスフェスティバル
1997年 第9回埼玉国際創作舞踊コンクール
1998年 フランス・パリ キューバエクスペリエンス
2000年 グラナダ国際ダンスフェスティバル
2000年 セントキッツ&ネイビス カリブアートフェスティバル
2000年~ ダンサー、振付家としてアメリカ、フランス、スペイン、メキシコ他世界各国で公演活動を行う。
2003年 ナルシソメディナ舞踊団アメリカ公演ツアー
2004年 ギリシャ・Unesco International of Dance主催世界舞踊会議に出席
2005年 東京、仙台、名古屋においてナルシソメディナ舞踊団公演「DANZA CON SABOR A CUBA」
2005年 韓国・ソウル国際ダンスフェスティバル
2007年 イタリア・現代オペラ「ロミオとジュリエット」振付、芸術監督

【日本国内での活動】
2004年 世田谷区スタジオ・ボデギータにおいてコンテンポラリーダンス、民族舞踊、バレエ、ポピュラーダンス等
の講師として指導を始める。(以降毎年スタジオ発表会等イベントを企画)
彩の国さいたま芸術劇場および京都法然院において「DIALOGO CON EL VACIO虚空との対話」公演。
京都精華大学においてダンスワークショップを行う。
2005年 東京、仙台、名古屋においてナルシソメディナ舞踊団公演「DANZA CON SABOR A CUBA」
社団法人現代舞踊協会主催・舞踊大学講師「夏季合宿2005」講師
財団法人埼玉県芸術文化振興財団・埼玉県舞踊協会主催彩の国さいたま芸術劇場
「REBAMBARAMBA DANZA DEL FUEGO」公演
埼玉県舞踊協会主催・ワークショップ講師
2006年 ヴァルナ国際バレエコンクール・コンテンポラリー作品を振付
東北六県DANCE ROMAN6企画「舞踊講習会」講師
新潟長岡リリックホールにて講習会およびスタジオパフォーマンス「MEMORIA FRAGMENTADA」開催
2007年 東北六県DANNCE ROMAN6企画「舞踊講習会」講師
2008年 東北六県DANNCE ROMAN6企画「舞踊講習会」講師
2009年 第1回キューバ・ジャパンフェスティバル開催(以降毎年開催)
ナルシソ・メディナ舞踊団特別公演「CRUZMASON」開催
2010年 社団法人現代舞踊協会主催・第30回5月の祭典において作品「APASIONADO」を振付、出演。
2011年 埼玉県草加市教育委員会・中学校体育連盟・小学校体育連盟主催「教師のための創作ダンス指導法」講習会講師
ナルシソ・メディナ主宰のダンススタジオ「エストゥディオ・ヴェンターナ」設立
プロジェクト「CASA DE LA CULTURA CUBA EN JAPON」を通してダンスを始めキューバの文化、芸術、
伝統にまつわる様々なイベントを企画する。


カテゴリー: レッスンスケジュール, ゲスト・ティーチャー・ワークショップ企画( CUBANA en TSUKUBA やアフリカンダンスクラスなど) | コメントする

毎週金曜日・DANZA AFRO CUBANA・竹園交流センター

dsc_10161

ダンスレッスンやってます

曜日:毎週金曜日 14時から15時

場所:竹園交流センター

内容:アフリカ由来のキューバダンス DANZA AFRO CUBANA


カテゴリー: レッスンスケジュール | コメントする

かわのきくこ

dsc01822

かわのきくこです。

九州出身。現在、茨城県つくば市在住です。

ダンスを踊ったり教えたり、いろんな唄を唄ったりしています。

2歳児の男の子のママでもあります。

衣装やバックや服を手作りするのも大好き。

このブログでは、私のダンスクラス、コンサート、イベント、手作り販売などの情報を発信しています。

私や私の唄やダンスやイベントをきっかけに、みなさんの毎日が、さらに楽しく、面白く、健康で、ぬくもりあるものになっていったらいいなと心から想っています。


カテゴリー: かわのきくこについて | コメントする