かわいい布たち 西アフリカ パーニュ

img_1393

かわいい布たち
アフリカン パーニュ

この布は、西アフリカパーニュという布です
この布には、アフリカ音楽とダンスを通して出会いました
色がすごく元気で、柄も可愛くて、見ているだけで元気になります
なんだかよく分からないモチーフの柄もありますが、いろいろ意味がある柄のものもあります。
例えば写真にある緑と黄色のパーニュは「鶏とりと卵と雛」、青と黄色は「宝石箱とダイヤモンドの指輪」茶色と赤は「アフリカの弦楽器」ハートがいっぱい書いてある手前の布は「婚約指輪をはめる手」をモチーフにしています。
お花とか水玉やチェックだけでなく、日常のものや出来事をドーンとそのままモチーフにしちゃうところがすごく目から鱗で斬新です。

値段は、だいたい一番安くて1メートル580円から高いところでは3500円くらいまで、いろいろあります。
西アフリカが最大の消費国ですが、生産地はオランダです。
160年のVliscoフリスコ社と70年のJuliusユリウス社が、有名な老舗だそうです。
アフリカの伝統衣装などにも使われる布が、ヨーロッパ産ということでヨーロッパとアフリカとの深く長い歴史を感じますね。
最近では、中国の会社も製造しているようです。
だいたいオランダのものが高くて、中国のものが手軽な価格で売られていることが多いようです。

私は、インターネットやお店でかわいい布を発見しては、少しずつ買い集めて、思いついた時に衣装や普段着に仕立てたりして楽しんでいます。
端切れは、パッチワークのようにしてデザインが飽きちゃった服に縫い付けてリメイクしたり。
小さなフレームに入れて壁に飾ったりしてもとてもかわいいです。

大柄のモチーフがドーンと大きくプリントされているものは、平面的なワンピースや巻きスカートなどに。
壁に飾っても素敵ですね。
小柄のモチーフがごちゃごちゃっとプリントされているものは、上下関係なく使えるので、立体的なパンツやフレアスカートなどにすると映えます。

日本人は、(特に関東では)ファッションセンスがシックなので「こんな派手派手なやかましい柄の服、どうやってコーディネートするの?」と思う方も多いようです。
ですが、あんまり気にせず、大阪のおばちゃん的に柄に柄で合わせちゃったりしても意外とかわいいです。
派手ですが、色合いや風味が素朴で民芸調なので地味顔の日本人にも割とすんなり馴染みます。
ちょうど、派手な浴衣や着物を着ているみたいな雰囲気になるのです。
私は、大正時代のファッションが大好きなのですが、ちょうどパーニュの色や柄は大正時代の着物を思い起こさせますね。


カテゴリー: 出演ライヴ・イベントスケジュール, 裁縫生活 | コメントする

唄は、心を癒すもの

img03

唄は、心を癒すもの

私の人生で一番最初にまともに唄った唄は、おそらく賛美歌です。
幼稚園〜小学校くらいまでは、歌うことも別に好きではなく、好きな歌も特にありませんでした。
NHKの「みんなのうた」を観るのは好きでした。
でも、あれは、唄が好きというより唄のバックに写る絵が可愛くて好きだった感じです。
お遊戯や音楽の時間は、いつも退屈で暇で息苦しくて、嫌でした。
大勢の大人に囲まれて育ったスーパーませガキだったので子供っぽいメロディーの子供っぽい歌詞の唄が、いやでしょうがなかったのでしょう。

長崎のプロテスタント(キリスト教)の女子中学に通いだして毎朝毎夕お祈りする日々が、始まりました。
賛美歌を開いて唄い、聖書を開いてその日に担当の先生が選んだ一文をみんなで読み、その文章についてどんな学びがあるのか先生の話を聞く、その後もう一度賛美歌を唄う。
それを朝と夕と毎日行います。
先生の話を聞くのは面倒くさい日もありましたが、唄はすごく好きでした。
賛美歌と言ってもみんなが想像するような「天使にラヴソングを」的なアゲアゲなゴスペルではないです。
設立から150年近い歴史のある学校だったためか、賛美歌はとても古い唄ばかりでした。
少し物悲しいようなマイナー調のものが多かったです。
悲しげな旋律や静かな唄声が私の気持ちやセンスとフィットしてすごく癒されました。
心理学の本だったか、テレビ番組だったか、忘れましたが、失恋したりして本当に辛い時には、すごく悲しい映画とかを見てわんわん泣いて思い切り悲しんだ方が心が癒されると聞きました。
「泣くのはやめよう明るくならなきゃ」と思って明るいテレビを見たり、無理して笑ったりしていたら 全然癒されないばかりか、無理がたたってポキっと心が折れちゃって もっと落ち込むことにもなりかねないと。

ステンドクラスの光さすチャペルで大勢で唄っていると、みんなの唄声が旋律とともにゆらゆらと舞い上がってキラキラ光るようなそんな気さえしました。
それ以来、大人になった今でもマイナー調の曲が大好き。
キューバ音楽やアフリカ音楽で好きな曲もだいたいマイナー調の曲ばかりです。
特にコーラスをやっていてうまくハモれたりすると、音がゆらゆら舞い上がって目の前がキラキラしてすごくしあわせです。


カテゴリー: かわのきくこについて, 音楽生活 | コメントする

ボイスケアのど飴

51xvav867ml

冬です。
乾燥の季節です。
私の場合、特に夜に乾燥するようです。
毎朝目覚めると、のどがピリピリと痛みます。
加湿器をつけたり、寝る前に室内に洗濯物を干したりして、できるだけ乾燥しないよう心がけています。
マスクをつけて寝るのも有効です。
しかし私の場合朝起きるとどっかに行っちゃっています。

最近教えてもらってなめているのが、こちらのボイスケアのど飴です。
この飴は、結構効きます。
ハッカのスーッとする香りで鼻が通る感じがして、その後のどもじわじわ潤います。
味は、漢方の不思議な味です。
美味しいかどうかと聞かれたら、どちらかというとまずいという感じです。(笑)
飴ですので、手軽に舐められますので、日々のケアにおすすめです。

何としても早くコンディションを整えたい方には、
響声破笛丸(キョウセイハテキガン)を直に舐めるという必殺技もあるようです。
これは、私はまだ試していませんが、甘草の甘い味がするので意外と舐められるそうです。
お湯で溶かして飲むより、直に舐めた方が、効きが良いそうです。
いろんな技が、ありますね。


カテゴリー: 出演ライヴ・イベントスケジュール, 音楽生活 | コメントする

立ち方 姿勢

12399277_1111078022266218_1537776531_n

ダンスをするにも唄を唄うにも、全てはその目標の行為に適した姿勢を手に入れることからスタートすると思います。
「目指す目的に応じた体が効率的に稼働するための姿勢」です。

例えば、みんなが知っているバレエ。
バレエは、ルネッサンス期のイタリアにルーツを持つフランス王室で生まれたダンスなんだそうです。
バレエは、神秘的でロマンチックで夢のような、妖精のような世界観を美しいとするロマン主義の影響を強く受けているとのこと。
有名な古典の演目「ジゼル」や「白鳥の湖」などは、本当に人間じゃないような優雅な動きですよね。
このようなバレエの演目に登場するすべての人物は、「重力を感じながら二足歩行する人間」ではなく「羽でも生えているかのようにふんわりと動く夢の国の妖精」のようでなければいけない場合が多いようです。
CGを使わずに生身の人間の体を鍛えて工夫してリアル妖精になっちゃうことに極限までチャレンジする超ストイックなダンスというわけです。
もう500年くらいの長い歴史を持つダンスですので、解剖学的な側面からもたくさんの人たちに研究されまくって もはや学問みたいになっちゃっているジャンルだと思います。
私はバレリーナではありませんが、西洋的な現代的な「美しい姿勢」を研究する際にバレエは非常に参考になると思います。
コンテンポラリーダンスやショーダンスやジャズダンスなど、バレエの影響があるジャンルのダンスのダンサーもトレーニングのためにバレエを習ったりしている人も多いです。

アフリカンやアフロキューバンのダンスは、バレエとはある意味正反対の要素が、沢山あるダンスだと思います。
立ち方や姿勢もバレエとは、違います。
重心を高くキープして「妖精・夢の国の生き物」を目指すのがバレエだとすると、重心を低めにバネを使い「人間らしさや動物や自然の動きや躍動」を目指しているのがアフロキューバンやアフリカのダンスに多く見られるような気がします。
これについては、別の機会に説明します。

私のクラスの一番最初は、首、顎、肩、背骨、胸、腹筋、腰骨(骨盤)、膝、くるぶし・・・などのポジションを確認します。
ダンスを踊る前に日常の癖や習慣によって身についた体の形を一度フラットに戻す作業です。
例えば、現代日本人は、パソコンをいつも触っている影響で首が前に出て、肩が前に丸まって、顎は落ち、猫背になりがちです。
これを首を立て 背骨に真っ直ぐ載せて立てるように、肩を後ろに落とし、腹筋を入れて胸を張るように指導します。
すると横から見るとS字のカーブを描くような形になります。
人体の中で最も重いのは頭です。
その重たい頭をバランス良い位地で背骨に載せてその背骨を、最もバランス良い位地で骨盤で支える。
そして骨盤でバランスをとりながら動くようにすると自然な動きになります。

この姿勢を行う上で大事に思っていることがあります。
それは、この姿勢を力を入れずにできるように身体に記憶させることです。
力が、入っていると関節の可動が不自然になり音楽にのりおくれて美しくないだけでなく、伸縮性が落ちて怪我の原因になるからです。

まずは、自分のベストの骨のポジションを見つけること。
そして その姿勢を自分の呼吸を止めることなく(力で筋肉や関節を固めて形を作るのではなく)保つ工夫をすることを続けることが大切だと思います。
力任せにグッとポーズをとったり姿勢を固めたりすると、その逆の動きをする筋肉も同時に自然と力が入ってしまうからです。


カテゴリー: 出演ライヴ・イベントスケジュール, 音楽生活 | コメントする

久しぶりの下北沢ボデギータ

1620636_1022991734428232_8945436243741214297_n

12月24日、下北沢のキューバ料理屋・ボデギータさんに産後初めて行ってきました。
ペドロバジェさんが、率いるRUMBA CON CUBANOSというバンドのライヴです。
CON CUBANOS(キューバ人と一緒にという意味)と言っても、演奏の要であるパーカッションのリーダーは、都筑章浩さんというパーカッショニストです。
ラテン界では誰でも知っているような有名な方です。
ラテンに興味ない一般の人たちは知らないと思うので簡単に説明すると、「ものすごく技術が高く、音色の綺麗な音楽的な太鼓を叩き、上品なテイストの世界を持ったパーカッショニスト」と私は思っています。
都筑さんの音楽性が、とても好きです。
久しぶりに聞く都筑さんの太鼓は、とても美しい音色でした。
出産前に見た時は、ひたすら「すごい人、偉い人」と思って恐縮するだけで精一杯でしたが、産後の今聞くと「まるで青年のようなキレイな音・穏やかで優しい心理風景・音楽世界」と思いました。
結婚や出産を経て、気持ちが落ち着いて、音楽を前より楽しめる自分になったかもな〜と思います。

ゲスト歌手のカルロスセスペデスさんは、相変わらずの美声でした。
SONやトローバを歌うキューバでもプロの歌手のセスペデスさんですので、美声の安定感が半端なく。すごいわ〜と思いました。

カルロスさんが歌っているのを見ると、同じキューバでも本当にいろんな人や音楽があるんだな〜と思います。
キューバ人だからって、みんな陽気でノリノリなだけじゃないのです。
カルロスさんの歌声のようなエレガントでセンチメンタルな味わいもキューバ音楽の魅力なのですね。
まだ聞いたことのない方にも是非聴いていただきたいです。

パーカッショニスト:都筑章浩
http://akihiro-tsuzuki.com
http://blogs.yahoo.co.jp/abakua80

歌手:カルロスセスペデス
http://carloscespedescuba.blog9.fc2.com


カテゴリー: 出演ライヴ・イベントスケジュール, 音楽生活 | コメントする

3/6 (日) DANZA CUBANA en TSUKUBA Vol.2 ポピ先生ワークショップ@つくばカピオリハーサル室1

03_0022

DANSA CUBANA in Tsukuba Vo.2 決定です。
私が、東キューバのダンスに魅了されるきっかけになった先生をお呼びすることになりました。
西キューバのハバナを、東京に例えるとすると、東キューバはさながら関西。
古き良き都、京都や大阪のような存在です。
私が、すごく影響を受けた熱いハイチの血の流れる先生の表現を是非体験してみてほしいです。

講師:POPI (ディオレス キー・デ・ラ・オ)

場所:つくばカピオ・リハーサル室1

スケジュール:
13:00 OPEN

1時間目 : レゲトン(サルサの次に生まれた新しいストリートダンス)
13:15
14:15
2時間目 : アフロクバーノ・ルンバ コルンビア(男性的なムーブメント)
14:25
15:25
3時間目1 : コンテンポラリー
15:35
16:35

17:00 CLOSE

注意:
水分持ち込みOK
食べ物持ち込みNG
ゴミすべて持ち帰りお願いします

料金:
1クラス ¥2,500.-
2クラス ¥4,000.-
3クラス ¥5,000.-

講師経歴:

1981年グァンタナモ市に生まれ。
芸術学校REGIO ELADIO BOTIを経てサンタクララ・プロ養成芸術学校にて学び、幼少の頃よりダンサーとして英才教育を受ける。
卒業後は、グァンタナモ民族舞踊BABUL舞踊団へ入団。
1998年サンティアゴ・デ・クーバで行われたカリブフェ スティバルに参加。
パフォーマンスが、才能を認められ2000年ナルシソ・メディナカンパニー入団。
現在に至る。

祖母は、ハイチ人。
ハイチ移民の子孫であり、キューバに伝わるハイチ音楽の流れを色濃く受け継ぐ。
同時にキューバの現代舞踊集団ナルシソ・メディナ・ファミリーとしての高い芸術性を併せ持つ希少なダンサーである。
パートナーのYayiと共にキューバと日本を行き来し、数々のショーに出演。
常に高みを目指す熱い授業を行っている。


カテゴリー: レッスンスケジュール, ゲスト・ティーチャー・ワークショップ企画( CUBANA en TSUKUBA やアフリカンダンスクラスなど) | コメントする

レモングラスのお茶

100709_lemongrass

レモングラスのお茶は、とても美味しいです。
フレッシュハーブのまま、レモンバームやミントなどとブレンドしてお湯に出して飲む方法がよく知られています。
でも別の飲み方を西アフリカに音楽留学していたお友達に教えてもらいました。
この西アフリカ方式が、とても簡単で美味しいのでご紹介します。

写真の稲みたいなのが、レモングラスです。
5センチくらいでヒョロヒョロの苗でも春に地植えすると夏には写真のように大きく育ちます。
すごく強い草です。
大きく育つと稲穂を刈るように根元から刈り、縛って逆さまにしてドライフラワーを作る感覚で干しておきます。
そして、十分に乾燥したら束ねてある中から一本をシュルシュルと引き抜いて、クルクルと折りたたんで束ね暑いお湯の入ったポットに入れるだけ。
5〜10分くらいしたら、すごく美味しいお茶の出来上がりです。
カフェインレスですし、味も美味しいです。
香りが、いいのでアロマの癒しも得られます。


カテゴリー: 裁縫生活 | コメントする

1/11(祝日)エリザベスアートスクール個展

12342737_1030382103649697_7005871997043205024_n

来年1月11日祝日につくば市立美術館で踊らせていただくことになりました。
つくば在住のアーティストのエリザベスさんの教えるエリザベスアートスクールさんの個展です。
『生演奏➕絵画のライヴペインティング➕ダンス』のコラボレーションです。
真っ白な美術館の壁にたくさんの作品、そして中で響き渡る楽器の臨場感ある音色、そして生身の人間のダンス、そしてエリザベスさんのパワーほとばしるライヴペインティング。
音楽も絵もダンスも・・・当日までどうなるか誰にもわかりません。 

先日リハーサルに呼んでいただいたのですが、代表のエリザベスさんの目力と念力の強さに「アーティスト、キター!!!」と衝撃を受けました。
出会ってすぐに質問攻めにされ、「あなたにはこうしてほしい!こうしたい!絶対これがいい!」みたいな確信が彼女の中にイナズマのように秒速で降り注いで、その途端に私に言う・・・みたいな。
その迷いのなさ、スピード、絶対に引き下がらない感じ。
ぶっ飛んでる人って、本当に気持ちいいです。
最高です。

彼女に触れて、「あー私 迷ってるわ みっともないわ」と思いました。
全面的に自分の生き方を価値観を肯定する。
肯定するには腹をくくる。
そして引かない。

本番、私もブッ飛べるように。
純度を高めます。


カテゴリー: 未分類 | コメントする

ベビーコンタクトダンス

dance_1

つくば市の支援センターなどで0〜2歳児の赤ちゃんとママを対象に「ベビーコンタクトダンス」のクラスをしています。
ベビーコンタクトダンスとは、ベビー=赤ちゃん、コンタクト=触れる、ダンス=音楽に合わせて体を動かす・踊ることです。
赤ちゃんに振り付けを教え込んで親の思い通りにお遊戯をさせることではありません。
お母さんが赤ちゃんの体重や肌のぬくもり、皮膚を感じながら母子ともに心身を解放し音に揺れる。そして最終的に自然な形で音楽を聴き楽しく踊ることを目指しています。

ベビーコンタクトダンスの流れ

1、リラックスタイム
呼吸を整える
赤ちゃんを膝に座らせながらお母さんの体をゆっくりストレッチします
赤ちゃんの体も一緒にマッサージします

2、関節緩め
仰向けの状態でそれぞれの関節を部分的に動かしていきます
仰向けになっていることで無駄な力が抜け、体が緩んで関節の動きも滑らかになります。一つ一つの関節を緩めていくと、すべて緩め終わって立ち上がった時に全身が軽やかになっているのを気づきます。これは関節や筋肉を緩めることにより、自分で自分の身体が自然に楽で美しい姿勢に変化したことによるものです。

3、真似っこゲーム
クラスの間、飽きてくると赤ちゃんはお母さんに絡みついてきます。そんな時は「ダメよ!」と制したり黙ることを強制するのではなく、赤ちゃんの動きの真似っこをして遊んでみましょう。赤ちゃんたちは、ママが自分と一緒に遊んでくれているのに嬉しくなり上機嫌。二人の愛も深まります。

4、赤ちゃんの動きは自然で美しい
生まれて間もない赤ちゃんは、筋肉がまだ未発達。
そんな赤ちゃんの動きは、とても体に負担がなく、とてもしなやかです。
赤ちゃんを真似することは、大人が成長するにつれて失ってしまった自然で健康的な身体の使い方を思い出すチャンスでもあります。

5、コンタクトインプロビゼーション
真似っこ遊びをして赤ちゃんが楽しくなってきたらママに飛びついたり、乗っかったりしていきます。その赤ちゃんの勢いや流れを受け入れてみましょう。赤ちゃんが飛びついてきたら赤ちゃんの飛びついて来た方向に一緒にゴロンと寝っ転がって動いてみたり。逆らわずに一緒に動いてみましょう。同じ風に吹かれ同波に乗るように、赤ちゃんの体重を感じながら一緒に揺れうごいてみましょう。そうやってしばらく遊んだ後は、親子とも心地よい疲れとゆったりとした気持ちになれるはず。そんな不思議な体験を赤ちゃんと共有しましょう。

6、世界のリズムで踊ろう
日本の和太鼓や浄瑠璃、アフリカのジャンベ音楽、ラテンのマンボやチャチャチャ、、、世界にはいろんな民族音楽があり、個性的で多様な楽器やリズムが存在します。
ベビーコンタクトダンスでは、そのような特徴あるリズムの音楽をピックアップして流します。
自分でテンポをとって音楽に合わせて体を動かせるように指導します。
赤ちゃんを遊ばせながら、抱っこしながら、思い切り体を動かして同じ音楽、同じリズムを共有しましょう。

7、ベビーコンタクトダンスにより得られること
日々の仕事や生活習慣、抱っこやおんぶなどの育児など人の骨格や筋肉は、日頃の動きにより歪められ固まってしまいます。そんな大人たちの固まってしまった筋肉と関節を緩めて正しい姿勢を手に入れる手伝いをします。
赤ちゃんとのコミュニケーションのきっかけを作ります。
音楽に合わせてたくさん動いて汗をかくことによりストレス発散 & ボディメイク。24時間赤ちゃん中心の生活の中で自分の体や気持ちに向き合う時間を持ってもらいます。心と体のリセット。
音楽を聞いて正しくテンポをとる音感訓練(リトミック)を指導します。


カテゴリー: 未分類 | コメントする

わたしについて

img_0003

わたしはこんな人です

長崎の370年続く祭・おくんちで奉納踊りをする通称「おどり町」に生まれる。
幼いころから歌って踊る祭好きの父、信仰深い祖父、裁縫や料理が好きな母、日本舞踊の名取の叔母、長崎で一番最初に車を買った明治生まれのやり手の祖父、異国情緒漂う中華街で酒屋を営む祖父、絵画好きの祖母、当時は珍しいバイリンガルの叔母、など長崎独特の環境と様々なキャラクターの肉親の影響を受ける。

その後、幼くして母を亡くす。
母の告別式で真言密教の僧侶が唱える美しい声色の読経や宗教楽器によるトランス的な演奏のハーモニーに魅了される。
中高時代は、ミッション系(プロテスタント)の女子校で毎日賛美歌を歌う。
古い賛美歌の素朴なメロディー、また奇をてらわない、神様に捧げる祈りの独特の表現に癒される。
また女学校で元タカラジェンヌの体育教師に出会い、ダンスの楽しさを知る。

小さいころから文章を書き、絵を描くことが大好きだった為、絵描き物書きになろうと思い上京する。
東京で友達と遊びに行った店でキューバ音楽を初めて聞く。
故郷、長崎の音楽を思わせるミックスカルチャーで宗教的な音楽観に強い感銘を受ける。
3ヶ月後にはキューバへダンス留学。
その後も留学を重ね、様々なダンサーに師事し、キューバ音楽・舞踊を学ぶ。

帰国後は、様々なジャンルのミュージシャンやダンサーとジャンルを超えて共演。
キューバ音楽やダンスに限らず、その時その時の偶然の出会いや面白いこと、かっこいいと思う人たちとコラボしている。
現在、つくばを拠点に関東を中心に活動中。

自分の芸術を手作りすること
それをだれかの生活に役立ててもらうこと
幸せな気持ちになるきっかけになること
を胸にコツコツ精進している。


カテゴリー: かわのきくこについて | コメントする