title_profile

九州、長崎県長崎市生まれ。
幼い頃から長崎独特の和洋折衷な伝統大衆芸能や宗教音楽に囲まれて育つ。
一人っ子で両親も仕事が忙しかったため、幼少期のほとんどの時間を一人で絵を描いたり踊ったり歌ったり、お人形さん遊びのシナリオを考えたりして育つ。8歳で母を亡くすとさらに、想像・創作の世界にひきこまれる。その後キリスト教系の女子校に入学。毎日朝夕賛美歌を歌う日々を送る。卒業後、故郷を飛び出し、自立に向けて働き出す。働きながら一人でアジア、ヨーロッパ、アメリカ、ラテンアメリカと実に10カ国以上30地域以上の国々を旅して回り、世界各地の様々な民族芸能や美術、宗教、文化、異なる人種、価値観に触れる。ラテンアメリカを旅している際に体験したアフロカリビアン音楽とダンスに故郷の音楽に似ているものを感じ、習得しようと全力でのめり込む。(アフロカリビアン音楽とは、アフリカからラテンアメリカに労働力として連れてこられたアフリカ人たちの音楽がヨーロッパの音楽や中国の音楽と混ざり合って独自の進化を遂げたもの。)ハバナ、サンティアゴデクーバ、グアンタナモと各地の国立舞踊団を回り、舞踊団の指導者の元でダンスと音楽の修行を積む。帰国後、アフロカリビアンのルーツであるアフリカ音楽に触れ、その華やかさ、明るさ、に感銘を受ける。
結婚、出産を機に茨城県つくば市に移住。豊かで静かな自然に囲まれたつくばで子育てしながら、表現すること・創作することを繰り返して暮らしている。